S.Factory

Yutaka Sato
Technical Staff ,Dr.Engineering
Department of Architecture and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Utsunomiya University



「 博 士 論 文 」


「住宅の熱環境の実態及び自然室温による住宅熱性能評価に関する研究」

地域の気象条件,生活習慣,暖冷房機器の設置・使用状況,居住者の意識・行動による 住宅のエネルギー消費量,自然室温による住宅熱性能評価などを 博士論文としてまとめました。




「栃木県における各種調査・研究」


「栃木県における住宅の熱環境及び住まい方に関する研究」


在来木造住宅,OMソーラーハウス,ストローベイルハウス等の各種住宅の熱環境及び 住まい方や居住者の血圧変動を調査し,高齢者ばかりでなく全ての人に快適な熱環境が 得られる住宅について研究を行っています。

「栃木県における藏の特徴及び熱環境に関する研究」


栃木県には,世界に誇れる日光東照宮やくらの街栃木市のおたすけ藏等様々な構造の 藏が存在する。それら様々な藏の特長や熱環境について研究を行っています。
「仮設住宅の熱環境に関する研究」

(宮城県東松島市,栃木県烏山市岩子の実測調査から)

長期的な避難生活を強いられるような大災害は、どの地域でも起こりうる。これからの災害に対し、それぞれの地方の地域性を考慮し、あらかじめ起こりうる問題点を想定した上で応急仮設住宅の計画を具現化し、地域防災計画の中で展開するべきであると思います。
「自立及び介護しやすい住環境整備に関する研究」

(高齢者及び障害者にやさしい住環境に関する研究)

不幸にして,脳卒中(栃木県は日本で最も多い)や不慮の事故で体の一部に障害が残って しまった人たちの自立した生活の促進,介助労力の軽減,社会的入院・社会的入所の 阻止などを図るための住環境整備について研究を行っています。


「 建物のエネルギーマネジメント 」


「宇都宮大学陽東キャンパスにおける電力消費量」

平成14年の「エネルギーの使用の合理化にかんする法律」の改正により,多くの大学が第一種もしくは第二種エネルギー管理指定工場に指定され,エネルギー使用量(消費量)を中長期的に年平均1%以上低減させる対策が必要となっている。 しかし,大学等は,多くの施設や実験機器等を持ち,使用時間も長いため,多くのエネルギーを消費している。また,近年,施設の増築や改修,空調や照明等の室内環境の向上,情報通信機器の増加,研究内容の高度化等により,エネルギーの消費量は増加する傾向にある。




「 徒然なるままに 」


「 様々な建物や街を訪ねて 」


古い民家から最新のガラス建築まで様々な建物や街並みを訪ねて,...。
公共施設のバリアフリー・チェック
etc.



        Department of Architecture and Civil Engineering, Faculty of Engineering, Utsunomiya University
佐 藤 豊

   
   職  名 技術専門職員
   学  位 博士(工学)
   所  属 宇都宮大学工学部 技術部環境システム技術班(建設学科建築環境研究室)
   住  所 〒321-8585 栃木県宇都宮市陽東7-1-2
   電  話 TEL 028-689-6203
   E-Mail  satouu@cc.utsunomiya-u.ac.jp
   所属学会(社)日本建築学会,(社)空気調和・衛生工学会


   ※ホームページの感想及びご意見など,メールでいただければ幸いです。